DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

台風9119号による家屋被害のアンケート調査と風向, 地形との相関に関する一考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002941549.pdf1.14 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 台風9119号による家屋被害のアンケート調査と風向, 地形との相関に関する一考察
その他のタイトル: Field Questionnaire Investigation of House Damage and It's Correlation between environ's topographic features due to Typhoon 9119 in Nagasaki Prefecture, Japan
著者: 棚橋, 由彦 / 松岡, 朋秀 / 荒牧, 憲隆 / 後藤, 惠之輔
著者(別表記) : Tanabashi, Yoshihiko / Matsuoka, Tomohide / Aramaki, Noritaka / Gotoh, Keinosuke
発行日: 1994年 1月31日
出版者: 日本自然災害学会 / Japan Society for Natural Disaster Science
引用: 自然災害科学, 12(3), pp. 199-209; 1994
抄録: Typhoon 9119 caused damage almost all over the islands Japan. The typhoon was characterized by its low atmospheric pressure of the center on landing (940 hPa), high speed (55 km/h) and high maximum velosity which broke past records held in the 26 meteorological stations in Japan. Due to the strong wind of the typhoon, a lot of the houses located on the right side to the running direction of the typhoon (dangerous semicircle) were damaged. This paper investigates the characteristics of the house damage and the recovery process in Nagasaki prefecture, by both field survey and questionnaire, and also topographic features and the direction of the house damage, its type of roof tile, environ's topographic features and the direction of the wind. Finally, some suggestions are made for the reduction of house damage due to typhoon.
キーワード: 台風 / 家屋被害 / アンケート調査 / typhoon / house damage / questionnaire
URI: http://hdl.handle.net/10069/22971
ISSN: 02866021
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002941549/
権利: 日本自然災害学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22971

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace