DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

平成5年8月6日豪雨時における鹿児島市内の防災・報道機関の対応


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002941593.pdf824.68 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 平成5年8月6日豪雨時における鹿児島市内の防災・報道機関の対応
その他のタイトル: A Study on Countermeasure of the Disaster Prevention Agencies and Information Media in Kagoshima during Heavy Rainfall on August 6,1993
著者: 高橋, 和雄 / 阿比留, 勝吾
著者(別表記) : Takahashi, Kazuo / Abiru, Shogo
発行日: 1995年10月 1日
出版者: 日本自然災害学会 / Japan Society for Natural Disaster Science
引用: 自然災害科学, 14(2), pp. 125-134; 1995
抄録: The heavy rainfall which swept over the Kagoshima district on August 6,1993 killed 49 persons and damaged Kagoshima city and its vicinity tremendously. Roads of Kagoshima city were suddenly submerged by flash flood and broken by solpe failure and landslide. The disaster prevention agencies could not enough accumulate and disseminate disaster information. It is the object of this paper to investigate the countermeasure of the disaster prevention agencies such as meteorological office, fire fighting office, city office, electric power company, Nippon telegraph and telephone company, police station and information media. The dissemination of the information and evacuation plan are also discussed.
キーワード: 平成5年8月6日の鹿児島災害 / 防災システム / 情報伝達 / 避難 / 避難計画 / disaster in Kagoshima on August 6, 1993 / disaster prevention system / dissemination of information / refuge / evacuation plan
URI: http://hdl.handle.net/10069/22973
ISSN: 02866021
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002941593/
権利: 日本自然災害学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22973

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace