DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

雲仙普賢岳の噴火活動による降灰の地域への影響およびその対策に関する調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002941619.pdf1.46 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 雲仙普賢岳の噴火活動による降灰の地域への影響およびその対策に関する調査
その他のタイトル: Study on Effects of Ash Fall on Shimabara Districts and Countermeasures for Ash Fall during Eruption of Mt. Fugen in Unzen
著者: 高橋, 和雄 / 藤井, 真
著者(別表記) : Takahashi, Kazuo / Fujii, Makoto
発行日: 1997年 2月28日
出版者: 日本自然災害学会 / Japan Society for Natural Disaster Science
引用: 自然災害科学, 15(4), pp. 253-267; 1997
抄録: Ash fall during volcanic eruptions and pyroclastic flows of Mt. Fugen in Unzen rendered severe bad effects on everyday life, local economy in commerce and industry, and agriculture in Shimabara district. The governments made programs for ash fall under the Act of Active Volcanos and considered many countermeasures to reduce damage due to volcanic ash. Residents suffered from volcanic ash for a long time and introduced various means to avoid volcanic ash. The objective of this paper is to investigate the countermeasures against volcanic ash in the eruption of Mt. Fugen in Unzen by interviews and questionnaires. The results are discussed and some suggestions are presented.
キーワード: 降灰 / 火山灰 / 降灰対策 / 火山災害 / ash fall / volcanic ash / countermeasures for volcanic ash / volcanic disaster
URI: http://hdl.handle.net/10069/22978
ISSN: 02866021
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002941619/
権利: 日本自然災害学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22978

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace