DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

土石流の危険度評価・発生予測手法の提案とその適用性の検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002941646.pdf1.09 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 土石流の危険度評価・発生予測手法の提案とその適用性の検討
その他のタイトル: Risk Assessment and Prediction of Debris Flow Occurrence
著者: 棚橋, 由彦
著者(別表記) : Tanabashi, Yoshihiko
発行日: 1998年 2月28日
出版者: 日本自然災害学会 / Japan Society for Natural Disaster Science
引用: 自然災害科学, 16(4), pp. 293-306; 1998
抄録: 本論文では, 力学的・統計学的観点に立つ2つの土石流発生危険度評価法を統合し, 総合的かつ確率的に評価する手法を開発した。本研究で用いた統計手法は数量化理論であり, 被災歴の有る地区には数量化理論II類により求まる土石流発生因子の重みを考慮した数量化理論III類による評価手法を, 被災歴の無い地区には数量化理論III類による評価手法を用いることを提唱する。開発した評価手法を東長崎地区に, さらに対象域を長崎市全域に拡張し適用し, 評価を行った。評価結果と昭和57年長崎豪雨災における土石流発生状況と比較し, その的中率の高さから開発した評価手法の有効性を検証した。さらに渓流の危険度評価点に応じて, 過去の土石流被災歴と雨量データから設定した長崎市全域の平均土石流発生限界雨量に重みを付与することにより, 個々の渓流の土石流発生を予測する手法を一試案として提示した。 / The complex mechanism of debris flow and the paucity of relevant data for its analysis have so far left us without any practical means for risk assessment and predicting its occurrence. This paper describes a development of synthetic and probabilistic risk assessments of debris flow by integrating two assessments from mechanical and statistical points of view. This paper also describes a study that utilizes available records and data on the 1982 Nagasaki localized heavy rainfall disaster in Japan as well as geographical and geological information of the city area, and aims at developing some practical means for predicting debris flow occurrence. Three approaches are therefore elaborated for the assessment; the first one based on a mechanical model of debris flow, the second one based on the quantification theory in order to take into consideration relevant environmental (and sometimes qualitative) information, and the third one that combines these two approaches. The second one is a statistical risk assessment of debris flow which can be applied to any area where has its past history of debris flow occurrence by using the quantification method III taking the each item's weight (potential of vulnerability) for debris flow occurrence which can be calculated as the value of each item's range by applying the quantification method II to the same area. The practice of these risk assessment methods with the records and data of the incident has demonstrated their usefulness.
キーワード: 土石流 / 豪雨 / 危険度評価 / 発生予測 / 数量化理論 / debris flow / heavy rainfall / risk assessment / occurrence prediction / quantification theory
URI: http://hdl.handle.net/10069/22979
ISSN: 02866021
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002941646/
権利: 日本自然災害学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/22979

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace