DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Health science research > Volume 22, No. 1 >

道具の変化と生活支援


File Description SizeFormat
hoken_22_1_1.pdf8.76 MBAdobe PDFView/Open

Title: 道具の変化と生活支援
Other Titles: Transition of utensils at home life
Authors: 長尾, 哲男
Authors (alternative): Nagao, Tetsuo
Issue Date: Dec-2009
Publisher: 長崎大学 / Nagasaki University
Citation: 保健学研究, vol.22(1), pp.1-8; 2009
Abstract: 生活用具の変化はその利用者の生活に多様な変化をもたらす. 作る側は一般的なヒューマンインターフェースの観点から設計しており, 障害がある者にとっては大きな困難を伴う場合もある. 本稿ではトイレ, 炊飯, テレビ受像機の変遷を取り上げて利用者にとってどのように影響するかを概観した. このような視点から機器開発に当たる設計者がユニバーサルデザイン論からもはみ出すような障害者を含んだ視点で設計に当たることを期待したい.
Keywords: 生活用具 / 変化 / 生活障害 / 支援
URI: http://hdl.handle.net/10069/23152
ISSN: 18814441
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 22, No. 1

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/23152

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace