DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部紀要. 教科教育学 > 第50号 >

Whether Tis Nobler to Normalize Ⅱ-Increasing peer-evaluator consistency when evaluating presentations in the classroom-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoukakyouiku50_109.pdf1.7 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Whether Tis Nobler to Normalize Ⅱ-Increasing peer-evaluator consistency when evaluating presentations in the classroom-
その他のタイトル: 英語スピーキングの評価方法についての実践的研究-評価数値の統計的標準化についての検討(2)-
著者: Inage, Itsuro / Lawn, Etsuko / Lawn, Murray
著者(別表記) : 稲毛, 逸郎 / ローン, 悦子 / ローン, マリー
発行日: 2010年 3月 1日
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部紀要. 教科教育学, vol.50, pp.109-124; 2010
抄録: In the evaluating of such as presentations in the classroom “peer evaluation” has become increasingly recognized as a potentially valuable part of the overall evaluation process. One of the challenges, however, in the evaluation of any activity involving speech is the aspect of achieving inter-evaluator consistency. In this paper the peer evaluated results of classroom presentations are normalized and the resulting increased inter peer-evaluator consistency is analyzed and discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/23285
ISSN: 13451383
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第50号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23285

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace