DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

膵の語源について(5)


ファイル 記述 サイズフォーマット
TanSui27_963.pdf2.98 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 膵の語源について(5)
著者: 土屋, 凉一
発行日: 2006年12月
出版者: 医学図書出版
引用: 胆と膵, 27(12), pp.963-968; 2006
抄録: 『膵の語源について(3)』にて、「いわゆるKaloumenon」という言葉が置かれた理由を探ることにし、前篇で、アリストテレスはヒトの構造・機能と関連づけて動物誌を記述したこと、動物誌製作年代は347~335BC頃であること、さらに、「いわゆる」のついた他の3つの臓器・組織には、いずれも別名があって、膵のみは別名がなかったと報告した。本篇では、アリストテレスの時代またはそれ以前の解剖学者とその業績を検討、最後にホメロスの詩が、前8~9世紀の医療状況を知る上で大きな参考になると思われた。‘膵’の言葉の前後の文を再検討したところ、和訳と違って、原文および英訳文では、腸間膜に分布する血管は「パンクレアス」に達した血管から分布している、となっている。動物誌の中で、ここだけに膵の言葉は出ていて、それが腸間膜に分布する血管の起始部になっている所を著者が強調したかったのではないかと推察され、この文章は、後で追加したものではないかという疑いを抱かせる。
キーワード: 動物誌 / 古代解剖学者 / ホメロス時代の医療
URI: http://hdl.handle.net/10069/23334
ISSN: 03889408
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23334

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace