DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第89巻 第4号 >

相対的貧困率に関する考察:第14循環における動向


ファイル 記述 サイズフォーマット
Keizai89_4_81.pdf366.39 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 相対的貧困率に関する考察:第14循環における動向
著者: 吉岡, 真史
発行日: 2010年 3月
出版者: 長崎大学経済学会
引用: 經營と經濟, vol.89(4), pp.81-98; 2010
抄録: On October 20 of 2009,Ministry of Health, Labor and Welfare presented a press release material on the relative poverty rate in Japan based on the identical methodology to OECD. According to this indicator, at the first half of expansionary period through the 14th business cycle, the relative poverty rate fell down, while it rose up at the second half. The latter movement provided a small puzzle since most economists suppose that the economic expansion brings some effect to reduce poverty and inequality. This paper investigates in the puzzle from the macroeconomic view point of business cycle, in particular, corporate behavior on employment.
キーワード: Relative Poverty Rate / Business Cycle / Employment / Wage / Non-Regular Worker / Income Gap
URI: http://hdl.handle.net/10069/23423
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第89巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23423

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace