DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 学術雑誌論文 >

Ni^<2+>イオンを含有するPbO-B_2O_3-R_2O(R=Na or/and K)系ガラスの光学的性質 : 可視域, 赤外域光吸収及び屈折率


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002313420.pdf603.45 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Ni^<2+>イオンを含有するPbO-B_2O_3-R_2O(R=Na or/and K)系ガラスの光学的性質 : 可視域, 赤外域光吸収及び屈折率
その他のタイトル: Absorption Spectra of Ni^<2+> Ions in PbO-B_2O_3-R_2O(R=Na or/and K) Containing NiO and IR Absorption Spectra and Refractive Indices of These Glasses
著者: 小山田, 了三 / 古賀, 秀人 / 小池, 隆
著者(別表記) : Oyamada, Ryouzo / Koga, Hideto / Koike, Takashi
発行日: 1985年 8月
出版者: 日本セラミックス協会 / The Ceramic Society of Japan
引用: 窯業協会誌, 93(1080), pp.451-458; 1985
抄録: PbO-B2O3-R2O (R=Na or/and K)系ガラス中のNi2+イオンの吸収スペクトルと、本系ガラスの赤外吸収スペクトル及び屈折率を測定した。この結果から配位子場強度及びRacahのBパラメーターを算出した。これらの結果を総合して、ガラス構造に及ぼすアルカリ金属酸化物の組成割合の変化による影響及びPbO比の変化の影響等を検討した。900cm-1の付近に現れる赤外吸収スペクトルの強度は、アルカリ含有量の増加に伴い減少する傾向が見られた。これはアルカリ含有量の増加に伴ってBO4単位の一部がBO3単位に変化していくためであると考えた。この傾向は、NaとKのアルカリの種類が違っても、また混合アルカリガラスにおいても、その差異は認められなかった。アルカリ含有量の増加に伴って屈折率は低下した。これはアルカリ含有量の増加とともにPb2+の割合が減少したためであると考えられる。また混合アルカリガラスの屈折率は、アルカリ含有量の変化に伴ってほぼ直線的に変化し、混合アルカリ効果はほとんど見られなかった。Ni2+イオンの吸収スペクトルから求めた配位子場強度は、単一アルカリガラスの場合はアルカリ含有量の増加に伴い高波数側へシフトし、またPbOの割合が大きい場合にはその強度の変化は小さいことが認められた。単に混合アルカリガラスの場合は、NaとKのモル比が1:1付近が極小となるゆるやかな曲線を示した。RacahのBパラメーターは(100-x)(PbO・2B2O3)+xK2O+(16-x)Na2O系ガラス及び76(pbO・2B2O3)+xK2O+(24-x)Na2O系ガラスにおいてK2Oの濃度の増大に伴って低波数側へ大きくシフトし、これ以外の系では、アルカリ含有量の増加に伴って低波数側へ直線的にシフトした。 / Absorption spectra of Ni2+ ions in PbO-B2O3-R2O(R=Na or/and K) glasses containing NiO and their IR absorption spectra and refractive indices were measured. The ligand field strength and the Racah's B parameter were calculated from the absorption wavenumbers of Ni2+ ions. The effect of alkali metal oxide contents and of the ratio of PbO/B2O3 on the state of Ni2+ ions and glass structure was discussed on the basis of these results. Intensity of IR absorption spectra around 900 cm-1 of these glasses was decreased with increasing alkali content, suggesting that a part of BO4 units was transformed to BO3 units with increasing alkali content, suggesting that a part of BO4 units was transofrmed to BO3 units with increasing alkali content. The refractive indices of those glasses decreased with increasing alkali content. The variation of refractive indices of mixed alkali glasses with alkali ratio showed no clear mixed effect. The ligand field strength caluculated from the absorption spectra of Ni2+ shifted toward high wavenumber with increasing alkali content in single alkali glasses, and the variation become small with increasing PbO content. In mixed alkali galass the variation of refractivity with that of alkali content indicated 1:1. Racah's B paramenter in 84(PbO・2B2O3)+xK2O+(16-x)Na2O glasses and 76(PbO・2B2O3)+xK2O+(24-x)Na2O glasses shifted toward low wavenumber with increasing K2O content.
キーワード: Absorption spectra of Ni^<2+> ions / Refractive index of glass / IR spectra of glass / Mixed alkali effect / PbO-B_2O_3-K_2O-Na_2O glasses
URI: http://hdl.handle.net/10069/23587
ISSN: 00090255
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002313420/
権利: 社団法人日本セラミックス協会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:010 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23587

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace