DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 学術雑誌論文 >

PbO-SiO_2-CuO及びPbO-SiO_2-K_2O-Na_2O-CuO系ガラス中のCu^<2+>イオンの光吸収スペクトル及びガラスの屈折率


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002313281.pdf472.58 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: PbO-SiO_2-CuO及びPbO-SiO_2-K_2O-Na_2O-CuO系ガラス中のCu^<2+>イオンの光吸収スペクトル及びガラスの屈折率
その他のタイトル: Optical Absorption Spectra of Cu^<2+> Ions in PbO-SiO_2-CuO and PbO-SiO_2-K_2O-Na_2O-CuO Glasses and Refractive Index of These Glasses
著者: 小山田, 了三 / 古賀, 秀人 / 星野, 朝則
著者(別表記) : Oyamada, Ryozo / Koga, Hideto / Hoshino, Tomonori
発行日: 1984年 9月
出版者: 日本セラミックス協会 / The Ceramic Society of Japan
引用: 窯業協会誌, 92(1069), pp.525-529; 1984
抄録: PbO-SiO2-CuO及びPbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO系ガラス中のCu2+イオンの光吸収スペクトルを測定し、ガラス組成と吸収ピーク波数との関係を調べた。その結果、PbO-SiO2-CuO系ガラス中のCu2+の吸収ピーク波数は[PbO]/[SiO2]比の増加とともに高波数側へシフトすることが分かった。PbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO系ガラス中のCu2+の吸収ピーク波数の混合アルカリ効果は[PbO]/[SiO2]比により現れ方が異なる。[PbO]/[SiO2]=0.64の場合、ピーク波数は[K2O]/[K2O+Na2O]比の増加とともに低波数側へシフトする。[PbO]/[SiO2]=1.0の場合もピーク波数は[K2O]/[K2O+Na2O]比の増加とともに低波数側へシフトし、[K2O]/[K2O+Na2O]=0.7付近に極小が存在する。[PbO]/[SiO2]=1.5の場合、極小が[K2O]/[K2O+Na2O]=0.35付近に存在し、このとき混合アルカリ効果が最も顕著に現れる。次に、PbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO系ガラスの組成と屈折率の関係を調べた。屈折率には混合アルカリ効果が現れず、[K2O]/[K2O+Na2O]比の増加とともに屈折率が直線的に小さくなった。 / Absorption spectra of Cu2+ ions in PbO-SiO2-CuO and PbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO glasses were measured, and the relation between composition and absorption peak wave number of Cu2+ was studied. The peak position shifted toward the higher wave number with increasing [PbO]/[SiO2] ratio in PbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO glasses. The mixed alkali effect given to the peak wave number in PbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO glasses depended on the [PbO]/[SiO2] ratio. The peak position at [PbO]/[SiO2]=0.64 shifted toward the lower wave numbers with increasing [K2O]/[K2O+Na2O] ratio. The peak position at [PbO]/[SiO2]=1.0 also shifted toward the lower wave numbers with increasing [K2O]/[K2O+Na2O] ratio and the minimum was found at [K2O]/[K2O+Na2O]=0.7. At [PbO]/[SiO2]=1.5, the minimum was found at [K2O]/[K2O+Na2O]=0.35. The mixed alkali effect was most distinct at this ratio. The relation between glass composition and refractive index in PbO-SiO2-K2O-Na2O-CuO glasses was studied. No mixed alkali effect was found in the refractive index. The refractive index shifted linearly toward the lower values with increasing [K2O]/[K2O+Na2O] ratio.
キーワード: Absorption spectra / Cu^<2+> ions / Silicate glasses / Mixed alkali effect / Refractive
URI: http://hdl.handle.net/10069/23590
ISSN: 00090255
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002313281/
権利: 社団法人日本セラミックス協会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:010 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23590

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace