DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 学術雑誌論文 >

1000℃における北朝鮮産カオリンのムライト化反応に及ぼす数種の鉱化剤の効果


ファイル 記述 サイズフォーマット
110002312229.pdf353.76 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1000℃における北朝鮮産カオリンのムライト化反応に及ぼす数種の鉱化剤の効果
その他のタイトル: The Mullitization of North Korea Kaolin at 1000℃
著者: 小山田, 了三 / 角, 和博
著者(別表記) : Oyamada, Ryozo / Sumi, Kazuhiro
発行日: 1982年 8月
出版者: 日本セラミックス協会 / The Ceramic Society of Japan
引用: 窯業協会誌, 90(1044), pp.481-484; 1982
抄録: 数種の鉱化剤を添加した北朝鮮産カオリンのムライト生成機構について研究を行った。LiF, Li2CO3, MgF2, MgO, CuF2 及びCuO各20mol%を含んだ棒状試料を1000℃で90日間焼成し、ムライト生成率はX線回折法により決定した。ムライト生成率(%)はおのおの無添加の場合8.7, Li2CO3で16.5, LiFで18, 10mol% Li2CO3で19.7, MgF2で20.7, MgOで22.5, CuF2で27.7及びCuOで29.3であった。そして全ての反応曲線はTammann式に行い、ムライト生成率は時間の対数に対して直線的に増加し、時間teで飽和値αeに達する。 / Effect of additives on the mullite formation reactions of North Korea kaolin was studied. Knead-formed samples containing 20mol% of Lif, Li2CO3, MgF2, MgO, CuF2 and CuO were heated at 1000℃ up to 90 days and the amount of mullite formed was determine dby X-ray diffractometry. Mullite yields (%) were as follows: without additives 8.7; when Li2CO3 was added, 16.5; LiF, 18; Li2CO3(10mol%), 19.7; MgF2, 20.7; MgO, 22.5; CuF2, 27.7 and CuO, 29.3. It has been deduced that all the reaction rate curves obtained follow the Tammann's equation, where the mullite yield increases linearly with logarithm of time and reaches to a constant value αe at a time te.
キーワード: Mullitization / North Korea kaolin (Dickite) / X-ray measurement / Tammann's equation
URI: http://hdl.handle.net/10069/23591
ISSN: 00090255
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110002312229/
権利: 社団法人日本セラミックス協会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:010 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23591

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace