DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 110 医歯薬学総合研究科 > 110 学術雑誌論文 >

レギュラトリーB細胞


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJCI32_135.pdf809.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: レギュラトリーB細胞
その他のタイトル: Regulatory B cells
著者: 簗場, 広一
著者(別表記) : Yanaba, Koichi
発行日: 2009年 6月
出版者: 日本臨床免疫学会 / The Japan Society for Clinical Immunology
引用: 日本臨床免疫学会会誌, 32(3), pp.135-141; 2009
抄録: B細胞は抗体産生やT細胞活性化を通じて免疫反応に関与していることは知られていたが,近年になり炎症反応を制御するB細胞が存在することが明らかになった.T細胞の活性化を司るエフェクターB細胞に対して,この免疫を抑制するB細胞はレギュラトリーB細胞と呼ばれている.筆者らは,マウスの脾臓にIL-10産生B細胞が存在することを確認し,これらがCD1dhiCD5+の表現型を有していることを発見した.またアレルギー性接触皮膚炎のモデルである接触過敏反応において,このB細胞がIL-10依存性に炎症を抑制することを明らかにした.さらに多発性硬化症の早期にはレギュラトリーB細胞が優位に働くが,進行するにしたがいエフェクターB細胞が優位に働くことが明らかになった.このようにエフェクターB細胞とレギュラトリーB細胞のバランスが炎症や自己免疫の病態形成に重要であると考えられる.ヒトにおいてもレギュラトリーB細胞の存在が示唆されており,将来さまざまな炎症性疾患や自己免疫疾患などの治療に応用できる可能性がある. / B cells positively regulate immune responses through antibody production and optimal CD4+ T cell activation. However, a specific and functionally important subset of B cells can also negatively regulate immune responses in mouse autoimmunity and inflammation models. The lack or loss of regulatory B cells has been demonstrated by exacerbated symptoms in experimental autoimmune encephalitis, chronic colitis, contact hypersensitivity, collagen-induced arthritis, and non-obese diabetic mouse models. We have recently found that IL-10-producing regulatory B cells predominantly localize within a rare CD1dhiCD5+ B cell subset that shares cell surface markers with both B-1 and marginal zone B cells. We have labeled this specific-subset of regulatory B cells as B10 cells to highlight that these rare CD1dhiCD5+ B cells only produce IL-10 and are responsible for most IL-10 production by B cells, and to distinguish them from other regulatory B cell subsets that may also exist. This review focuses on the recent progress in this field and the exciting opportunities for understanding how this unique B cell subset influences diverse immune functions.
キーワード: Autoimmunity / B lymphocyte / IL-10 / Inflammation
URI: http://hdl.handle.net/10069/23598
ISSN: 09114300
DOI: 10.2177/jsci.32.135
PubMed ID: 19564709
権利: © 2009 The Japan Society for Clinical Immunology.
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:110 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23598

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace