DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第1号 >

モルガン回路を利用した自制インバータ


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku00_01_03.pdf1.34 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: モルガン回路を利用した自制インバータ
その他のタイトル: Self-Controlled Inverter using Two Morgan Circuits
著者: 北川, 隆明 / 富安, 隆一
著者(別表記) : Kitagawa, Takaaki / Tomiyasu, Ryuichi
発行日: 1971年 2月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, (1), pp.13-21; 1971
抄録: In this paper, the principle of the self-controlled inverter, in which two Morgan circuits operate alternatively, is described. Experimental results, mainly of frequency characteristic which is the most important of a self-controlled inverter, are discussed. Output voltage V2 and frequency f in this inverter are proportional to DC source voltage, i. e., V2/f is always kept constant for DC source voltage. Therefore, this characteristic is suitable for speed control of an illduction motor. Besides, when the saturable reactor in Morgan circuit is saturated, the inductance of it becomes very small, but not zero. One of the factors of commutation failure is the existence of this small inductance. It is discussed analytically the effect of commutating inductance to prevent the commutation failure.
URI: http://hdl.handle.net/10069/23744
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23744

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace