DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第91号 >

萩市近海産シロサバフグ肝臓の毒性


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan91_1.pdf392.8 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 萩市近海産シロサバフグ肝臓の毒性
その他のタイトル: Liver toxicity of the pufferfish Lagocephalus wheeleri "shirosabafugu" collected from the coastal waters of Hagi, Yamaguchi Prefecture, Japan
著者: 谷山, 茂人 / 柴野, 啓輔 / ニー, ライミトナ / 篠原, 充 / 高谷, 智裕 / 荒川, 修
著者(別表記) : Taniyama, Shigeto / Shibano, Keisuke / Ngy, Laymithuna / Shinohara, Mitsuru / Takatani, Tomohiro / Arakawa, Osamu
発行日: 2010年 3月
出版者: 長崎大学水産学部 / The Faculty of Fisheries, Nagasaki University
引用: 長崎大学水産学部研究報告, 91, pp.1-3; 2010
抄録: From November to December 2004, a total of 266 specimens of the pufferfish Lagocephalus wheeleri “shirosabafugu” were collected from the coastal waters of Hagi, Yamaguchi Prefecture, Japan, and their liver toxicity was examined by mouse bioassay. Sixteen (6.0%) of 266 livers were toxic with the toxicity scores ranging from 2.2-7.9 MU/g (mean ± standard deviation: 3.3 ± 1.6 MU/g), or 81.2-909 MU/individual (221 ± 208 MU/individual). The results indicated that L. wheeleri, a putative non-toxic species in Japan, is also equipped with the ability to accumulate toxin in the liver to some extent.
キーワード: シロサバフグ / Lagocephalus wheeleri / 肝臓 / liver / 毒性 / toxicity / フグ毒 / pufferfish toxin / テトロドトキシン / tetorodotoxin / 食中毒 / food poisoning
URI: http://hdl.handle.net/10069/23780
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第91号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23780

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace