DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第4号 >

流下方向密度勾配が流れに及ぼす影響について


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku00_04_09.pdf625 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 流下方向密度勾配が流れに及ぼす影響について
その他のタイトル: On the Effects of Longitudinal Density Gradient on the Flow Characteristics
著者: 粟谷, 陽一 / 古本, 勝弘
著者(別表記) : Awaya, Yoichi / Furumoto, Katsuhiro
発行日: 1973年12月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, (4), pp.73-80; 1973
抄録: In this paper, the equations which present the distributions of the flow velocity and density on the open channel flow with longitudinal density gradient, such as the streams in the estuaries of partially mixed type, are derived on the basis of equtaions of motion and turbulent energy balance. And to this stream applied the Taylor's and the Elder's theories for the longitudinal dispersion in turbulent shear flow, the longitudinal apparent dispersion coefficient which contains the influence of density current, is computed, and is cornpared with the previous Elder's theory. That under the influence of density current, the longitudinal apparent dispersion coefficient varies largely, is verified.
URI: http://hdl.handle.net/10069/23807
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23807

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace