DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第12号 >

1975年大分県中部地震の地震動特性


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku00_12_07.pdf404.75 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1975年大分県中部地震の地震動特性
その他のタイトル: Ground Motion Caracteristics of Oitaken-chubu Earthquake
著者: 岡林, 隆敏 / 花井, 正実
著者(別表記) : Okabayashi, Takatoshi / Hanai, Masami
発行日: 1979年 2月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, (12), pp.51-56; 1979
抄録: A strong earthquake of magnitude 6.4 occured in the middle of Oita Prefecture on 21st of April, 1975. A ground motion of the earthquake was recorded by SMAC B2 accelerograph in Oita City, 30km away from the epicenter. This paper discuss the caracteristics of the ground motion of the earthquake. The stationary power spectra, the nonstationary power spectra, time histories of the variance and the energy-release ratios of three components of the earthquake are computed. These results show that the peaks of the power are in the range of high frequency component in the beginning of the earthquake and then shift gradually the lower frequency range.
URI: http://hdl.handle.net/10069/23940
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第12号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23940

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace