DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第15号 >

鉄塔ネックフランジ溶接継手部の破壊靱性把握とその評価に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku00_15_06.pdf1.45 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 鉄塔ネックフランジ溶接継手部の破壊靱性把握とその評価に関する研究
その他のタイトル: Examination and Evaluation on Fracture Toughness with Welded Neck Flange Joint of Transmission Steel Tower
著者: 黒川, 常夫 / 片岡, 繁夫 / 河野, 和芳 / 岡, 延夫
著者(別表記) : Kurokawa, Tsuneo / Kataoka, Shigeo / Kawano, Kazuyoshi / Oka, Nobuo
発行日: 1980年 7月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, (15), pp.39-46; 1980
抄録: Recently, transmission steel tower has been increasing and welded Neck Flange joint has been applied steel tower for post joint. However, welding process has a somewhat undesirable effect of adversely affecting the toughness of the weld bond at welded joints. In order to secure the safety of steel tower, therefor, the study on fracture toughness welded Neck Flange joint is one of important problems. In this experiment, the authors carried out COD bend test with weld test specimens of SM 4IB and STK 55 steels which were welded using CO2 arc process. From the results of these tests, the characteristics of fracture toughness were evaluated on the welded Neck Flange joint.
URI: http://hdl.handle.net/10069/23981
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/23981

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace