DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第17号 >

淡水化実験における海洋温度差分布の自動測定(日本近海における実測データ)


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku00_17_05.pdf390.28 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 淡水化実験における海洋温度差分布の自動測定(日本近海における実測データ)
その他のタイトル: Automatic measurements of the Temperature distribution on the Desalt experimentation of Sea water
著者: 高橋, 賢一郎 / 東, 克彦 / 栗須, 正登
著者(別表記) : Takahashi, Ken-Ichiro / Higasi, Katsuhiko / Kurisu, Masato
発行日: 1981年 7月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, (17), pp.29-34; 1981
抄録: On the July 1980, in the 20 sea miles offshore of the Izumo, the desalt experiment of sea water are carried out with the mini plant on the 500 tones laboratory ship and the expected fresh water was obtained as the planning. On the three times pre-experimentation at near seas of the Nagasaki, the formal experiment and the desalt experiment utilized warm draining of a power plant, this paper describes measurement methods of the sea water temperature distribution, its data and defects. Our project team intend to make the large sized proto-type plant under the three-year plan.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24018
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第17号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24018

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace