DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

早期関節炎の捉え方と病態解析の方向性


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJCI30_37.pdf269.83 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 早期関節炎の捉え方と病態解析の方向性
その他のタイトル: Classification of early arthritis patients and how to determine disease severity
著者: 川上, 純 / 玉井, 慎美 / 江口, 勝美
著者(別表記) : Kawakami, Atsushi / Tamai, Mami / Eguchi, Katsumi
発行日: 2007年 2月28日
出版者: 日本臨床免疫学会 / The Japan Society for Clinical Immunology
引用: 日本臨床免疫学会会誌, 30(1), pp.37-40; 2007
抄録: 近年の臨床研究で関節リウマチの予後は早期からの治療介入により改善し,かつ,生物学的製剤の早期治療では約半数の症例で臨床的寛解が得られることが明らかとなった.すなわち関節リウマチの早期診断および早期からの適切な治療法の選択は極めて重要である.私たちは早期関節炎の前向き症例対照研究により,初診時に抗CCP抗体およびMRIでの骨髄浮腫が陽性の早期関節炎は,高率に関節リウマチに進展することを明らかにした.これら臨床的評価に加え遺伝学的解析も含めた早期関節炎の層別化を試みており,これらのデータをもとに早期関節炎の捉え方と病態解析の方向性について述べる. / Recent clinical studies of rheumatoid arthritis reveal that therapeutic intervention early in rheumatoid arthritis leads to less joint damage, indicating the importance of early diagnosis of RA for improvement of prognosis. According to the data of our “Early Arthritis Prospective Cohort”, we have found that early arthritis patients, described as undifferentiated arthritis, progress to rheumatoid arthritis at high frequency if the patients positive with anti-cyclic citrullinated peptide antibody (anti-CCP antibody) and bone marrow edema at the entry. In addition, we are going to classify the pathologic status (disease severity) of early arthritis patients by serologic variables, radiographic findings and genetic analysis.
キーワード: rheumatoid arthritis / anti-CCP antibody / MRI / bone marrow edema / genetic analysis
URI: http://hdl.handle.net/10069/24072
ISSN: 09114300
DOI: 10.2177/jsci.30.37
権利: Copyright (c) 2007 日本臨床免疫学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24072

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace