DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 130 病院 > 130 学術雑誌論文 >

1型糖尿病の発症阻止と寛解誘導


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJCI31_432.pdf961.18 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1型糖尿病の発症阻止と寛解誘導
その他のタイトル: Antigen specific treatment for the inhibition and remission of type 1 diabetes
著者: 阿比留, 教生
著者(別表記) : Abiru, Norio
発行日: 2008年12月31日
出版者: 日本臨床免疫学会 / The Japan Society for Clinical Immunology
引用: 日本臨床免疫学会会誌, 31(6), pp.432-439; 2008
抄録: 近年,抗CD3抗体などの生物学的製剤を中心に,ヒト1型糖尿病の分野においても,疾患の治癒・寛解を目指し治療法の開発研究がすすめられているが,安全性,経済性などの問題を抱えている.インスリンは,ヒト,NODマウスの1型糖尿病発症に関連した主要自己抗原である.膵島浸潤T細胞に反応せず,しかも,血糖降下作用を維持する変異インスリン(B鎖16位残基アラニン置換)のみを発現するNODマウスでは,インスリン自己抗体が発現せず,糖尿病も発症しない.NODマウスに,poly I:Cをアジュバントに,インスリンB鎖ペプチドを皮下投与すると,制御性T細胞だけでなく,攻撃側のeffector細胞も膵島内に誘導する.一方,インスリンB鎖16, 19位残基を置換したアナログペプチドを,コレラトキシンをアジュバントに経鼻投与すると,強力な糖尿病発症の抑制と高血糖からの寛解を誘導した.このように,膵島抗原を用いた免疫学的治療法は,投与ルートやアジュバント,補助療法に改良を加え,制御性T細胞を優位に誘導することより,今後,ヒト1型糖尿病において,安全な発症阻止,寛解誘導の治療法となる可能性がある. / Treatment with anti-CD3 antibodies appears promising to preserve residual beta-cell function in recent onset type 1 diabetes although many patients had therapy related adverse events. Insulin is an important islet antigen and autoimmunity to insulin may be central to disease pathogenesis of type 1 diabetes in man and NOD mouse. Evidence is strongest for the NOD mouse model, where blocking immune responses to insulin by amino acid substitution at positions B: 16, prevents diabetes. Insulin can be used to immunologically prevent diabetes of NOD mice, however, insulin-based preventive immunoregulation of diabetes in man is not yet possible. Treatment of NOD mice with insulin B-chain peptide and poly I: C, a Toll-like receptor 3 ligand, induces the pathogenic T cells as well as regulatory T cells and recruits them into the islets. Intranasal treatment with insulin B-chain analogue peptide with amino acid substitutions at positions B: 16 and 19 prevented the progression to diabetes and induced remission from hyperglycemia when co-administered with a mucosal adjuvant cholera toxin. Thus, an antigenic peptide vaccination with an alternative adjuvant or route might induce antigen-specific regulatory cell populations rather than pathogenic T cells. We believe that such an improved antigen specific therapy could provide more efficient and safer disease suppression and remission for human type 1 diabetes.
キーワード: type 1 diabetes / prevention / autoantigen / insulin peptide / regulatory T cells
URI: http://hdl.handle.net/10069/24074
ISSN: 09114300
DOI: 10.2177/jsci.31.432
権利: Copyright (c) 2008 日本臨床免疫学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:130 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24074

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace