DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第14巻 第22号 >

数量化理論を用いた土石流災害に関する統計学的考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku14_22_10.pdf709.16 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 数量化理論を用いた土石流災害に関する統計学的考察
その他のタイトル: A Statistical Consideration on Debris Flow Disaster by Quantification Theory
著者: 伊勢田, 哲也 / 棚橋, 由彦 / 川内, 俊英
著者(別表記) : Iseda, Tetsuya / Tanabashi, Yoshihiko / Kawachi, Toshihide
発行日: 1984年 1月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 14(22), pp.71-80; 1984
抄録: On July 23th, 1982, many debris flows occurred in Nagasaki prefecture due to the localized heavy rainfall. They brought out a considerable damege to Nagasaki prefecture, particularly to East Nagasaki district. In another paper, the authors estimate a risk due to debris flow by an evaluetion method based on a mechanism of occurrence of debris flow. In this paper, we try to predict a risk of occurrence of debris flow and evaluete the degrees of contribution of many factors to it statistically. we apply a quantification theory to the debris flows in East Nagasaki district, and repport the results of the analysis with some considerations.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24132
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第14巻 第22号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24132

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace