DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第14巻 第23号 >

開口によるビーム波回折界の広がり角の測定


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku14_23_08.pdf291.55 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 開口によるビーム波回折界の広がり角の測定
その他のタイトル: Measurement of Divergence Angle of Diffracted Gaussian Beam
著者: 溝上, 広 / 高田, 謙次 / 佐賀, 信裕 / 田中, 和雅
著者(別表記) : Mizokami, Hiromu / Takada, Kenji / Saga, Nobuhiro / Tanaka, Kazumasa
発行日: 1984年 7月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 14(23), pp.141-144; 1984
抄録: The angular divergence is one of the important characteristics of a diffraction field. For a Gaussian beam incidence, the effect of an aperture on the beam will be neglected if its radius is large enough compared with the spread of the field which is called the spot size of the beam. When the ratio of the aperture radius to the spot size is larger than 1. 6, the incident beam passes through the aperture with the loss of about 1 %. Even in this case, the divergence angle of the diffraction field is rather different form that of the incident beam. In this paper, the divergence angle is measured for various incident conditions. The results coincide with those obtained theoretically within the experimental errors.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24142
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第14巻 第23号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24142

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace