DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第15巻 第25号 >

水素結合による位置特異的なフラビン分子の活性化


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku15_25_10.pdf389.4 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 水素結合による位置特異的なフラビン分子の活性化
その他のタイトル: Regioselective Activation of Flavins through Hydrogen-Bonding
著者: 本田, 典昭 / 新海, 征治 / 真鍋, 修
著者(別表記) : Honda, Noriaki / Shinkai, Seiji / Manabe, Osamu
発行日: 1985年 7月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 15(25), pp.73-77; 1985
抄録: In order to assess the regioselective activation of flavin through hydrogen-bonding, new flavins which can form intramolecular hydrogen-bonding between N(1) and pendent NH3+ or phenolic OH were synthesized. The reactivities of these "N(1)-hydrogen-bonded" flavins were not so different from those of conventional flavins. The failure to demonstrate the hydrogen-bonding effect arises probably from (i) the remaining rotational. freedom of the hydrogen-bonding and (ii) the relatively low pKa of N(1) in reduced flavins which does not require the aid of acid catalysis. We have found, however, that the rate constants for the reaction of N(1)-hydrogen-bonded flavins and an NADH model compound increase with lowering the medium pH. This may be taken as evidence for partial contribution of hydrogen-bonding.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24194
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15巻 第25号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24194

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace