DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第16巻 第26号 >

新制御圧延鋼に発生するセパレーションの評価方法について


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku16_26_07.pdf679.44 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 新制御圧延鋼に発生するセパレーションの評価方法について
その他のタイトル: On the evaluation of separation in TMCP type steel
著者: 勝田, 順一 / 前田, 穂積 / 河野, 和芳 / 中島, 正樹
著者(別表記) : Katsuta, Junichi / Maeda, Hotsumi / Kawano, Kazuyoshi / Nakashima, Masaki
発行日: 1986年 1月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 16(26), pp.49-56; 1986
抄録: The research on the evaluation of separation in TMCP steel plate is seldom found, although its fracture toughness and fatigue strength have been rather extensively studied. Hence, in this paper, the authours intend to clarify unsolved problems in the evaluation of separation and determine the basis of the measuring separation. Results obtained are summarized as follows; 1) The amount of separation occurred in TMCP steel plate is changed by impact energy. The maximum separation index should be obtained by the Charpy test with impact energy of 30kgf・m. 2) The separation consists of types a, b and c, but type c can be disregarded in the evalution of separation. 3) It needs to measure the length of separation over 1 mm. 4) In the COD test, momentary slight drop of load by the occurrence of separation can be disregarded, and the separation can be evaluated by the reduction of specimen width.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24201
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第16巻 第26号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24201

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace