DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第16巻 第26号 >

防撓材により補強された曲面板の最適設計 (その2)最小重量設計


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku16_26_08.pdf543.45 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 防撓材により補強された曲面板の最適設計 (その2)最小重量設計
その他のタイトル: On the Optimum Design of Shallow Shell Reinforced with Stiffenerspart.2 Minimurn Weight Design
著者: 勝田, 順一 / 福地, 信義
著者(別表記) : Katsuta, Junichi / Fukuchi, Nobuyoshi
発行日: 1986年 1月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 16(26), pp.57-64; 1986
抄録: In former report, an existance of the most optimum stiffener agreed with given shell plate was clarified by using the finite strip method and the optimization technique SUMT with the penalty function for converting non-constrained condition from constrained condition. In this report, the analysis aimed at minimum weight design of stiffened shell is carried out. We investigate the relation between optimum stiffness of stiffener and decisive structural factors of shell, i. e. curvatures, aspect ratio and thickness of shell plate. It is found that the shell with less rigidity itself, such as hyperbolic paraboloidal shell, can be reinfored with stiffeners in very effective in order to reduce corresponding stresses.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24202
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第16巻 第26号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24202

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace