DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第18巻 第30号 >

オブジェクト指向知識設計に関する考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku18_30_04.pdf640.25 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: オブジェクト指向知識設計に関する考察
その他のタイトル: Considerations on Object-oriented Knowledge Design
著者: 清木, 泰弌
著者(別表記) : Seiki, Yasukazu
発行日: 1988年 1月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 18(30), pp.23-30; 1988
抄録: Object-oriented programming paradigm is fundamentally different from traditional functional methods. It is characterized by the class of objects, which is the primary elements of programming. In this paper, object-based knowlege design is considered on the metaphorical structures of experiences and the interaction of subject and environment. Knowledge can be decomposed into various categories, and the categories consist of articulations of basic behaviors. Objects are organized by these articulated behaviors to form knowledge organization. Knowledge must be considered together with the learning processes in which the teacher and the learner are treated as actor objects doing their own tasks,i.e.,explaining and understanding.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24265
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第18巻 第30号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24265

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace