DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第19巻 第33号 >

建築構造物の応答制御設計法に関する研究 (第1報:制震構造物の振動実験)


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku19_33_12.pdf717.96 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 建築構造物の応答制御設計法に関する研究 (第1報:制震構造物の振動実験)
その他のタイトル: Studies on Response Control Technologies for Building Structures (1 Vibration Tests of the Large Damping Structures)
著者: 高橋, 和雄 / 有馬, 文昭 / 宮崎, 光生 / 小森, 清司
著者(別表記) : Takahashi, Kazuo / Arima, Fumiaki / Miyazaki, Mistuo / Komori, Kiyoshi
発行日: 1989年 8月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 19(33), pp.87-96; 1989
抄録: The "STRUCTUAL RESPONSE CONTROL DESIGN" herein described is anew practical technology which realizes structures having artificial large damping by the "Viscous Damping Wall(in brief VDW)". The VDW is a wall- shaped viscous energy dissipator consisting of a pair of vertical steel plates filled with high viscous fluid. This part reports the results of vibration tests in order to grasp the dynamic characteristics of a 4-story full scale steel model with/without VDWs. In the results, VDWs work as the response acceleration and displacement of the model is reduced to 1/2~1/3, if compare to non - attached ones. The 2nd. mode and higher ones completely disappeared in VDW model. It is necessary to consider increase of structual stiffness due to VDWs.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24305
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第19巻 第33号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24305

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace