DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第19巻 第33号 >

砕波特性による防波堤の合理的な前面勾配について


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku19_33_13.pdf371.12 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 砕波特性による防波堤の合理的な前面勾配について
著者: 加藤, 重一 / 高尾, 聴秀
発行日: 1989年 8月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 19(33), pp.97-101; 1989
抄録: 台風時における防波堤決壊があとをたたない現状にかんがみ,直立堤よりも勾配堤の方がよいとする見解を一歩前進させて,具体的に合理的な堤防前面勾配をいかほどにすればよいかについて実験的に考察した。すなわち傾斜板を10°~50°の間で変化させ,種々の入射波の砕波特性を調べることによって,最も重大な砕波点が壁面上に生起する時の砕波点衝撃発生限界について考察した。防波堤設計に際しての基礎資料の一つとしたい。
URI: http://hdl.handle.net/10069/24306
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第19巻 第33号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24306

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace