DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第20巻 第34号 >

1987年8月台風12号による平戸大橋の変形解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku20_34_06.pdf514.89 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1987年8月台風12号による平戸大橋の変形解析
その他のタイトル: Static Behavior of Hirado Bridge by the Typhoon 12,1987
著者: 高橋, 和雄 / 小西, 保則 / 彭, 大文
著者(別表記) : Takahashi, Kazuo / Konishi, Yasunori / Pen, Da-Wen
発行日: 1990年 1月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 20(34), pp.43-50; 1990
抄録: Typhoon 12, 1987 struck Nagasaki district on August 30-31, 1987. Maximum instantaneous wind speed was 64.0 m/s at the surface of Hirado Bridge. This wind speed is greater than that of design wind. Expansion joints and center ties of Hirado Bridge were damaged by this typhoon. In this paper, the static response of Hirado Bridge subjected to wind loads is reported for two wind speeds. Some considerations are presented about deflections of the suspension bridge.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24312
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第20巻 第34号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24312

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace