DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第21巻 第35号 >

撓性浮防波堤の消波効果について


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku21_35_06.pdf424.51 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 撓性浮防波堤の消波効果について
その他のタイトル: Damping Effect of Flexible Floating Breakwater.
著者: 加藤, 重一 / 薦田, 廣章 / 田中, 庸介
著者(別表記) : Kato, Juichi / Komoda, Hiroaki / Tanaka, Yosuke
発行日: 1990年 7月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, 21(35), pp.45-52; 1990
抄録: Many studies on the damping effect of flexible floating breakwater have been done based on inside experiment and field investigation, but next two points have not yet sufficiently been clarified. 1. general nature. 2. precise similarity. For point 1, the defects of past studies are that the value L/l to l does not cover all values of L/l, where, l is length of flexible floating breakwater and L is wave length. For point 2, it has not almost been investigated. This study makes these points at issue clear. Authors hope that flexible floating breakwater would be used to consider these points in future.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24321
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第21巻 第35号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24321

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace