DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 会議発表資料 >

グループ化された時間変数と離散型交絡因子を考慮した相対危険度の推定と測定誤差の修正


ファイル 記述 サイズフォーマット
110003152307.pdf725.46 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: グループ化された時間変数と離散型交絡因子を考慮した相対危険度の推定と測定誤差の修正
著者: 絹川, 直子 / 中村, 剛 / 野瀬, 善明
発行日: 1999年12月
出版者: 日本統計学会 / Japan Statistical Society
引用: 日本統計学会誌, 29(3), pp.410-411; 1999
記述: 日本統計学会第67回大会記録 : 離散データの解析(5)
URI: http://hdl.handle.net/10069/24477
ISSN: 03895602
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110003152307/
権利: 日本統計学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Presentation
原稿種類: publisher
出現コレクション:070 会議発表資料

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24477

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace