DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > University Hospital > Articles in academic journal >

市中肺炎に対するスイッチ治療の有用性


File Description SizeFormat
JJC57_423.pdf464.45 kBAdobe PDFView/Open

Title: 市中肺炎に対するスイッチ治療の有用性
Other Titles: Efficacy of switch therapy in community-acquired pneumonia in Japan
Authors: 栁原, 克紀 / 森永, 芳智 / 山田, 康一 / 中村, 茂樹 / 栗原, 慎太郎 / 山本, 和子 / 今村, 圭文 / 泉川, 公一 / 関, 雅文 / 掛屋, 弘 / 山本, 善裕 / 上平, 憲 / 河野, 茂
Authors (alternative): Yanagihara, Katsunori / Morinaga, Yoshitomo / Yamada, Koichi / Nakamura, Shigeki / Kurihara, Shintaro / Yamamoto, Kazuko / Imamura, Yoshifumi / Izumikawa, Koichi / Seki, Masafumi / Kakeya, Hiroshi / Yamamoto, Yoshihiro / Kamihira, Shimeru / Kohno, Shigeru
Issue Date: Sep-2009
Publisher: 日本化学療法学会 / Japan Society of Chemotherapy
Citation: 日本化学療法学会雑誌, 57(5), pp.423-429; 2009
Abstract: 医療費の高騰により,市中肺炎に対しても医療経済を考慮した治療が求められるようになった。欧米では症状改善に伴い,早期に注射用抗菌薬から経口抗菌薬への切り替え(スイッチ療法)が行われ,入院期間の短縮や医療費の削減に有用と報告されている。今回われわれは,わが国における市中肺炎患者に対するスイッチ療法の適応基準およびスイッチ療法の臨床的意義を明らかにするために,多施設共同研究を実施した。2004 年1 月から2005 年5 月の間に当院および関連施設を受診した患者のうち,入院して注射用抗菌薬による治療が必要な市中肺炎患者で,Fine らのPneumonia Patient Outcomes Research Team(PORT)cohort study score によるrisk class 分類のII からIV に該当する患者103 症例を対象とした。初期治療として,注射用抗菌薬(経口薬の併用も可)の投与を行い,治療開始3 日後の時点で評価を行い,「咳嗽および呼吸困難など呼吸器症状の改善」「CRP 15 mg dL 未満」「経口摂取機能の十分な改善」「12時間以上にわたって体温が38℃ 以下に保たれていること」のすべての項目を満たした患者69 例をスイッチ群ならびに非スイッチ群の2 群にランダムに割り付け,臨床的検討を行った。臨床効果は,スイッチ群100%,非スイッチ群96.8% であり,両群間に差は認められなかった。スイッチ群,非スイッチ群の2 群間において,臨床効果,胸部X 線所見の改善度,微生物学的効果において,統計学的な差が認められなかった。肺炎の再発は,両群に1 例ずつ認められた。以上より,軽症から中等症の市中肺炎入院患者において,経口薬への切り替え基準を満たせば,早期に経口薬治療へと移行することが可能であることが示唆された。 / We conducted a prospective randomized controlled study of 69 hospitalized patients to evaluate the efficacy of switch therapy for community-acquired pneumonia corresponding to Fine’s risk classes II to IV. All initially underwent intravenous antimicrobial administration for three days. Of the 69, 38 assigned a “switched therapy” changed from injected to oral medication and 31 to a “nonswitched” therapy (NST) group treated by injection alone. Criteria for switching therapy: (1) Improved respiratory symptoms, including cough and dyspnea, (2) CRP <15 mg dL, (3) Adequately improved oral intake, and (4) BT <38℃ for at least 12 h. No statistically significant difference was seen in therapeutic effect between groups―ST: 100% vs.― NST: 96.8%. Results indicated that switching therapy from injection to oral medication, was one more cost effective in treating community-acquired pneumonia.
Keywords: community-acquired pneumonia / switch therapy / cost effectiveness / CRP
URI: http://hdl.handle.net/10069/24485
ISSN: 13407007
Rights: © 日本化学療法学会 2009
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/24485

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace