DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第19号 >

新方式太陽電池電源システムの基本特性について


ファイル 記述 サイズフォーマット
kogaku00_19_07.pdf245.83 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 新方式太陽電池電源システムの基本特性について
その他のタイトル: Characteristics of the New Solar Cell Power Supply System
著者: 松尾, 博文 / 黒川, 不二雄 / 川原, 学
著者(別表記) : Matsuo, Hirofumi / Kurokawa, Fujio / Kawahara, Manabu
発行日: 1982年 8月
出版者: 長崎大学工学部 / Faculty of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学工学部研究報告, (19), pp.49-54; 1982
抄録: Recently, the solar cell has been used as power sources for the radio relay stations, the light houses, the agricultural systems, the microwave communication systems, and so forth. In such solar call power supply systems, it often requires that the maximum power point of the solar array is tracked, in spite of the variations in the load and the light intensity, to make the most efficient use of the solar array and the storage battery. The purpose of this paper is to propose a new solar cell power supply system, in which the bidirectional DC-DC converter and the simple control circuit with a small monitor solar cell are used to track the maximum power point of the solar array. It is clarified experimentally that the new system can realize high power conversion efficiency and precise maximum power tracking performance.
URI: http://hdl.handle.net/10069/24500
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第19号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24500

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace