DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第13巻 第1号 >

現在世代による権利の過剰行使 ─ Callahanの「我々はどんな責務を未来世代に負うのか」の検討 ─


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo13_1_59.pdf490.07 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 現在世代による権利の過剰行使 ─ Callahanの「我々はどんな責務を未来世代に負うのか」の検討 ─
その他のタイトル: A Surplus-exercise of Rights by Present Generation An Examination of Daniel Callahan's “What Obligations Do We Have to Future Generations?”
著者: 吉田, 雅章
著者(別表記) : Yoshida, Masaaki
発行日: 2010年10月
出版者: 長崎大学 環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 13(1), pp.59-71; 2010
抄録: The purpose of this note is to examine Daniel Callahan's "What Obligations Do We Have to Future Generations?". He supplements and criticizes Martin P. Golding’s article, "Obligations to Future Generations". He argues mainly following points: (1)Our obligations to the future stem from our obligations to the past; (2)Moral dilemmas can arise across the generations, where the discharging of our obligations to the living could require acting in ways which would have harmful consequences for future generations; (3)A surplus-exercise comes into being at just that point when we discover that the way we exercise our rights jeopardizes the rights which future generation will claim, i.e., those fundamental rights we now claim.
キーワード: future generation / past generation / obligation / moral dilemma / surplus-exercise
URI: http://hdl.handle.net/10069/24576
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24576

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace