DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学位論文 > 030 学位論文(要旨・審査要旨) >

Underlying Histological Activity of Hepatitis Plays an Important Role for Tumor Recurrence After Curative Resection of Hepatocellular Carcinoma


ファイル 記述 サイズフォーマット
igaku1281ronbun.pdf112.38 kBAdobe PDF本文ファイル
igaku1281sinsa.pdf71.48 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Underlying Histological Activity of Hepatitis Plays an Important Role for Tumor Recurrence After Curative Resection of Hepatocellular Carcinoma
その他のタイトル: 肝細胞癌治癒切除後の再発に背景肝の炎症度が果たす役割の重要性に関する検討
著者: 小林, 和真
発行日: 2009年 5月20日
引用: (2009-05-20)
記述: 長崎大学学位論文 [学位記番号]博(医)甲第1,281号 [学位授与年月日]平成21年5月20日
URI: http://hdl.handle.net/10069/24617
関連リンク : http://hdl.handle.net/10069/21634
資料タイプ: Thesis or Dissertation
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学位論文(要旨・審査要旨)

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24617

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace