DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第90巻 第1-2号 >

近世前期福岡藩における財政政策の転換 ― 貞享4年新高廃止の意義―


ファイル 記述 サイズフォーマット
keizai90_1_121.pdf306.56 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 近世前期福岡藩における財政政策の転換 ― 貞享4年新高廃止の意義―
その他のタイトル: Change of Financial Policy of Hukuoka-han in Early Modern ― Abolition of Shintaka-narasi in 1687 ―
著者: 柴多, 一雄
著者(別表記) : Shibata, Kazuo
発行日: 2010年 9月24日
出版者: 長崎大学経済学会 / Economics Society of Nagasaki University
引用: 經營と經濟, vol.90(1・2), pp.121-140; 2010
抄録: Shintaka-narasi of Hukuoka-han has been studied as a matter of fief system. But Shintaka-narasi was not carried out to change fief system as a direct purpose. Shintaka-narasi was carried out to solve a financial problem in a large meaning. However, because Shintaka-narasi has been hardly examined as a financial problem, a financial problem has been confused a matter of fief system with, the evaluation of Shintaka-narasi was vague. In this paper we examine the abolition of Shintaka-narasi in 1687 as a financial problem.
記述: 菅家正瑞教授定年退職記念号 / In Honour of Prof. Masamitsu Kanke
キーワード: financial policy / Hukuoka-han / Shintaka-narasi
URI: http://hdl.handle.net/10069/24905
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第90巻 第1-2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24905

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace