DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第90巻 第3号 >

1990年代以降のスペインの経済動向と対外直接投資の進展


ファイル 記述 サイズフォーマット
keizai90_3_287.pdf759.07 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1990年代以降のスペインの経済動向と対外直接投資の進展
その他のタイトル: Spain's Economic Development and Outward Direct Investment during 1997-2006
著者: 成田, 真樹子
著者(別表記) : Narita, Makiko
発行日: 2010年12月24日
出版者: 長崎大学経済学会 / Economics Society of Nagasaki University
引用: 經營と經濟, vol.90(3), pp.287-305; 2010
抄録: This article studies the relation between Spain's growth and foreign direct investment from the late 1990s. During 1997-2006, Spain experienced high growth rate and an increase in outward direct investment. Spanish multinationals mainly carried out the location decisions in two areas: the European Union and Latin America: the EU was chosen in the process of deepening and enlargement of European integration; and the firms located in Latin America because of historical and economic ties. Based on the investment development path framework, Spain has positioned at Stage 3 or 4 because Spanish multinationals had obtained enough competitiveness in the global market.
記述: 杉原敏夫教授定年退職記念号 / In Honour of Prof. Toshio Sugihara
キーワード: outward direct investment / investment development path / Spain
URI: http://hdl.handle.net/10069/24918
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第90巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24918

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace