DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第90巻 第3号 >

組織理論における共約不可能性


ファイル 記述 サイズフォーマット
keizai90_3_1.pdf215.87 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 組織理論における共約不可能性
その他のタイトル: On Incommensurability among Structural Theories of Organization
著者: 林, 徹
著者(別表記) : Hayashi, Toru
発行日: 2010年12月24日
出版者: 長崎大学経済学会 / Economics Society of Nagasaki University
引用: 經營と經濟, vol.90(3), pp.1-22; 2010
抄録: Mckinley and Mone (2003) argue that existing organization theories are so incommensurable one after another that they do not have quality adequate for modern science. This paper tries to tackle this thesis theoretically as follows: to review it in detail, to compare the logical consistency among three schools, i.e., Uno school of Marxian economics, structural school of organization theory, so-called Chandlerian of business history, concerning the essence of vertical integration, and to point out the covert limitations inherent in three“hands,”i.e., invisible, visible, and vanishing. After all, we discuss a way to put the theories which Mckinley and Mone regard as incommensurable into order.
記述: 杉原敏夫教授定年退職記念号 / In Honour of Prof. Toshio Sugihara
キーワード: incommensurability / vertical integration / three“hands”
URI: http://hdl.handle.net/10069/24925
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第90巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24925

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace