DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 200 大学教育機能開発センター > 200 紀要 > 長崎大学 大学教育機能開発センター紀要 > 第2号 >

フローベール作品批評について ‐『三つの物語』を中心に‐


ファイル 記述 サイズフォーマット
RDCHE2_43.pdf648.89 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: フローベール作品批評について ‐『三つの物語』を中心に‐
その他のタイトル: History of the Criticism on the Flaubert’s Works - Particularly Concerning on Trois Contes -
著者: 大橋, 絵理
著者(別表記) : Ohashi, Eri
発行日: 2011年 3月 1日
出版者: 長崎大学 大学教育機能開発センター / Research and Development Center for Higher Education Nagasaki University
引用: 長崎大学 大学教育機能開発センター紀要, 2, pp.43-58; 2011
抄録: After the trial of Madame Bovary, whenever Flaubert’s works were published, they invited sharp criticism and received deep sympathy from literature experts and readers. Especially, in the 20th century, the novelists of the nouveau roman, Michel Tournier et Michel Butor, recognized him as a pioneer in the contemporary literature, and Flaubert’s novels has become one of the most primary targets of new criticism. In this article, I will examine and discuss the history of the criticism on Flaubert’s works, in particular, concerning on Trois Contes.
キーワード: Flaubert / Trois Contes / criticism
URI: http://hdl.handle.net/10069/24962
ISSN: 21856281
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/24962

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace