DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学位論文 > 030 学位論文 >

乳腺嚢胞内乳頭状腫瘍の細胞遺伝学的解析 ―劣化したDNAの高密度一塩基多型マイクロアレイへの適用―


ファイル 記述 サイズフォーマット
ishi424_oikawa.pdf4.08 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 乳腺嚢胞内乳頭状腫瘍の細胞遺伝学的解析 ―劣化したDNAの高密度一塩基多型マイクロアレイへの適用―
その他のタイトル: Intracystic papillary carcinoma of breast harbors significant genomic alteration compared with intracystic papilloma: Genome-wide copy number and LOH analysis using high-density single-nucleotide polymorphism microarrays
著者: 及川, 将弘
著者(別表記) : Oikawa, Masahiro
発行日: 2011年 3月18日
引用: Nagasaki University (長崎大学), 博士(医歯薬) (2011-03-18)
抄録: 乳腺の嚢胞内乳頭状腫瘍には良性の乳頭腫、悪性の上皮内乳頭癌、浸潤性乳頭癌が含まれ、術前の画像所見や病理所見によっても良悪性の鑑別が困難である。また、本病変についての細胞遺伝学的研究は少ない。本研究の目的は、未だ不明な点の多い乳腺嚢胞内乳頭状腫瘍についての細胞遺伝学的プロファイルを、高密度一塩基多型 (SNP) マイクロアレイを用いた競合ゲノムハイブリダイゼーション (CGH) という新しい技術によって明らかにすることにある。本研究により、臨床的に良悪性の判断が難しい本疾患について、新たな診断手技開発の端緒となると考えた。また、良性から悪性への進展に関わるメカニズムの解明にも貢献すると考えた。目的を達成するためには、ホルマリン固定パラフィン包埋 (FFPE)標本から抽出した劣化したDNA を高密度SNP マイクロアレイに適用するという技術的なハードルを越えなければならなかった。
記述: 長崎大学学位論文 学位記番号:博(医歯薬)甲第424号 学位授与年月日:平成23年3月18日
URI: http://hdl.handle.net/10069/25280
関連リンク : http://hdl.handle.net/10069/25232 / http://hdl.handle.net/10069/26723
資料タイプ: Thesis or Dissertation
原稿種類: author
出現コレクション:030 学位論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/25280

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace