DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

在宅虚弱高齢者に対する異なる運動介入が身体機能に及ぼす経時的変化について ―バランス運動と筋力増強運動での検討―


ファイル 記述 サイズフォーマット
RIKA26_1.pdf652.81 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 在宅虚弱高齢者に対する異なる運動介入が身体機能に及ぼす経時的変化について ―バランス運動と筋力増強運動での検討―
その他のタイトル: Time Course Changes in Physical Function Following Different Exercise Interventions for Community-Dwelling Elderly
著者: 平瀬, 達哉 / 井口, 茂 / 中原, 和美 / 松坂, 誠應
著者(別表記) : Hirase, Tatsuya / Inokuchi, Shigeru / Nakahara, Kazumi / Matsusaka, Nobuou
発行日: 2011年 3月31日
出版者: 理学療法科学学会 / the Society of Physical Therapy Science
引用: 理学療法科学, 26(1), pp.1-5; 2011
抄録: 要旨: 〔目的〕在宅虚弱高齢者に対し異なる運動介入を行い,身体機能に及ぼす影響について経時的な変化から検討することである。〔対象〕65歳以上で要支援1~要介護1の在宅虚弱高齢者51名とした。〔方法〕対象者を事業所別にバランス運動群24名,筋力増強運動群27名に振り分け,週1回1時間の運動を3ヶ月間実施した。身体機能として,開眼片足立ち,椅子起立時間,Timed Up & Go Test(TUG),下肢筋力を評価し,各運動群におけるそれらの経時的変化を解析した。〔結果〕経時的変化では,バランス運動群は下肢筋力が1ヶ月後より有意に増加し,その後全ての身体機能評価が有意に改善されていた。筋力増強運動群では,下肢筋力が2ヶ月後より有意に増加し,その後椅子起立時間,TUGが有意に改善されていた。[結論]各運動群ともに下肢筋力の増加後にパフォーマンス能力が向上していた。また,バランス運動と筋力増強運動では効果の反応が異なることが示された。 / ABSTRACT: [Purpose] The purpose of this study was to conduct different interventions for frail community-dwelling elderly persons and investigate the time course changes in their physical function. [Subjects] The subjects were 51 frail community-dwelling elderly over 65 years of age, classified from category 1 of needing support to category 1 of needing care. [Method] The subjects were divided into a balance exercise group (24 persons) and a muscle strength exercise group (27 persons), according to site, and exercises were performed for 1 hour once a week for 3 months. One-leg standing with eyes open, the sit-to-stand (STS) time, timed up-and-go (TUG), and lower limb muscle strength were used to assess physical function, and their time course changes were analyzed in each group. [Results] In the balance exercise group, lower limb muscle strength had significantly increased after 1 month, and subsequently all the physical function assessments significantly improved. In the muscle strength exercise group, lower limb muscle strength increased significantly after 2 months, and subsequently the results of the STS and TUG times significantly improved. [Conclusion] In each of the exercise groups, physical function improved after increase in lower limb muscle strength. Furthermore, different responses were shown to the balance and muscle strengthening exercises.
キーワード: 在宅虚弱高齢者 / 異なる運動介入 / 経時的変化 / frail community-dwelling elderly / different exercise interventions / time course changes
URI: http://hdl.handle.net/10069/25423
ISSN: 13411667
DOI: 10.1589/rika.26.1
権利: Copyright (c) 2011 by the Society of Physical Therapy Science
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/25423

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace