DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

強震を受ける損傷制御型二層ブレース構造物の層間変形集中に対する柱脚回転剛性の影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
JSCE73_973.pdf1.33 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 強震を受ける損傷制御型二層ブレース構造物の層間変形集中に対する柱脚回転剛性の影響
その他のタイトル: EFFECT OF ROTATIONAL SPRING OF ELASTIC CANTILEIVER COLUMN ON MECHANISM OF DAMAGE CONTROL FOR TWO STORY BRACED FRAME WITH RESTRAINT BRACES
著者: 木村, 祥裕 / 岩間, 聡史
著者(別表記) : Kimura, Yoshihiro / Iwama, Satoshi
発行日: 2008年 6月
出版者: 日本建築学会 / Architectural Institute of Japan
引用: 日本建築学会構造系論文集, 73(628), pp.973-982; 2008
抄録: In our previous paper, it is shown that story drift concentration is restraint by columns of two braced frames with pinned and fixed column bases. But embedded column bases are nearly fixed and exposed column bases are nearly pinned in the real structures. These column bases is designed as rotational springs. In this paper, the equations of the drift concentration factor for two story braced frames with columns base of rotational springs have been developed from the equilibrium conditions of the frames subjected to lateral force. This paper clarifies the relationship between drift concentration and ratio of column flexural stiffness and column rotational stiffness.
キーワード: 二層ブレース架構 / 損傷分散型システム / 層間変形集中率 / 柱材曲げ剛性比 / 柱脚回転剛性比 / Two Story Braced Frame / Damage Control System / Drift Concentration Factor / Ratio of Column Flexural Stiffness / Ratio of Column Rotational Stiffness
URI: http://hdl.handle.net/10069/25466
ISSN: 13404202
DOI: 10.3130/aijs.73.973
権利: Copyright (c) 2009 日本建築学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/25466

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace