DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 学術雑誌論文 >

曲げで壊れる鋼コンクリート合成部材および骨組の弾塑性解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
JSCE73_1535.pdf2.08 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 曲げで壊れる鋼コンクリート合成部材および骨組の弾塑性解析
その他のタイトル: ELASTOPLASTIC ANALYSIS OF STEEL-CONCRETE COMPOSITE MEMBERS AND FRAMES COLLAPSED DUE TO BENDING
著者: 修行, 稔 / 島津, 勝 / 林田, 幸浩 / 岩永, 洋尚
著者(別表記) : Shugyo, Minoru / Shimazu, Masaru / Hayashida, Yukihiro / Iwanaga, Hironao
発行日: 2008年 9月
出版者: 日本建築学会 / Architectural Institute of Japan
引用: 日本建築学会構造系論文集, 73(631), pp.1535-1542; 2008
抄録: The beam element for three-dimensional pure steel frames proposed by the first author is extended for steel-concrete composite members. The authors call this approach the ” fibered plastic hinge method”. The stress-strain relation of a concrete fiber is modeled as an elastic-perfectly plastic type in this study. Comparisons with the authors' experimental results on RC beams strengthened by carbon fiber sheet and available test results on steel-concrete composite columns and frames show that the developed beam element has a sufficient accuracy for bending problem although there are some limitations. The element may be used to examine a performance of moment-resistant steel-concrete composite frames.
キーワード: 繊維化塑性関節モデル / RC骨組 / SRC骨組 / 弾塑性解析 / fibered plastic hinge model / RC frame / SRC frame / elastoplastic analysis
URI: http://hdl.handle.net/10069/25467
ISSN: 13404202
DOI: 10.3130/aijs.73.1535
権利: Copyright (c) 2009 日本建築学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:060 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/25467

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace