DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 長崎大学経済学部研究年報 > 第13巻 >

総勘定合計表学説の研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
keizainenpo13_01.pdf2.1 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 総勘定合計表学説の研究
その他のタイトル: Study of Trial Balance of Totals Theory
著者: 上野, 清貴
著者(別表記) : Ueno, Kiyotaka
発行日: 1997年 3月25日
出版者: 長崎大学経済学部 / Faculty of Economis, Nagasaki University
引用: 経済学部研究年報, 13, pp.1-29; 1997
抄録: Trial balance of totals theory is a theory explaining that accounting purpose is to calculate business economic activities or business capital movements entirely and that accounting structure is explained by a equation of assets+expenses=liabilities+capitals+revenues.The characteristics of this theory are;(1)process theory nature,(2)object-account nature of all accounts,and(3)capital thinking nature.Its contributions to accounting theory are that(1)a transfer logic from income account to balance account can be constructed,(2)revenue and expense accounts are recognized as object-accounts and(3)the accounting structure theory and measurement theory are logiCally combined.
URI: http://hdl.handle.net/10069/26193
ISSN: 09108602
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/26193

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace