DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 130 病院 > 130 学術雑誌論文 >

特発性黄斑上膜における手術前後の変視量と立体視機能の変化


ファイル 記述 サイズフォーマット
FJdOC4_898.pdf3.96 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 特発性黄斑上膜における手術前後の変視量と立体視機能の変化
その他のタイトル: Metamorphopsia and binocular visual function before and after vitrectomy for idiopathic epiretinal membrane
著者: 前川, 有紀 / 築城, 英子 / 山田, 義久 / 草野, 真央 / 鈴間, 潔 / 北岡, 隆
著者(別表記) : Maekawa, Yuki / Tsuiki, Eiko / Yamada, Yoshihisa / Kusano, Mao / Suzuma, Kiyoshi / Kitaoka, Takashi
発行日: 2011年 9月
出版者: 日本眼科紀要会 / Ganka Rinsho Kiyokai
引用: 眼科臨床紀要, 4(9), pp.898-902; 2011
抄録: 目的:特発性黄斑上膜(ERM)における変視および立体視機能の術前後の変化と関連を検討した。 対象:長崎大学病院にてERMに対し手術加療した14例14眼を対象とした。 結果:平均矯正視力は術前0.47(log MAR 0.35)、術後1ヵ月0.77(0.13)で有意に改善した。M-CHARTS®の平均変視スコアは垂直では術前0.72、術後0.67で有意差なく、水平では術前0.73、術後0.60で有意に改善した。立体視差が100秒以下のものは術前8眼(53.3%)、術後12眼(80%)で、有意に改善した。術後の立体視差は術前のそれと相関し、さらに立体視差の変化量は水平変視スコアの変化量と、術後融像幅は中心窩網膜厚(CMT)の変化量と最も相関していた。 結論:ERMでは術後早期より水平変視スコア、立体視差が改善した。変視やCMTと、立体視差や融像幅などの立体視機能の間に相関が認められた。
記述: 第49回 日本網膜硝子体学会総会
キーワード: M-CHARTS / 変視スコア / 立体視機能 / 融像幅 / 黄斑上膜(ERM)
URI: http://hdl.handle.net/10069/26364
ISSN: 18825176
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:130 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/26364

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace