DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > University Hospital > Articles in academic journal >

特発性黄斑上膜における手術前後の変視量と立体視機能の変化


File Description SizeFormat
FJdOC4_898.pdf3.96 MBAdobe PDFView/Open

Title: 特発性黄斑上膜における手術前後の変視量と立体視機能の変化
Other Titles: Metamorphopsia and binocular visual function before and after vitrectomy for idiopathic epiretinal membrane
Authors: 前川, 有紀 / 築城, 英子 / 山田, 義久 / 草野, 真央 / 鈴間, 潔 / 北岡, 隆
Authors (alternative): Maekawa, Yuki / Tsuiki, Eiko / Yamada, Yoshihisa / Kusano, Mao / Suzuma, Kiyoshi / Kitaoka, Takashi
Issue Date: Sep-2011
Publisher: 日本眼科紀要会 / Ganka Rinsho Kiyokai
Citation: 眼科臨床紀要, 4(9), pp.898-902; 2011
Abstract: 目的:特発性黄斑上膜(ERM)における変視および立体視機能の術前後の変化と関連を検討した。 対象:長崎大学病院にてERMに対し手術加療した14例14眼を対象とした。 結果:平均矯正視力は術前0.47(log MAR 0.35)、術後1ヵ月0.77(0.13)で有意に改善した。M-CHARTS®の平均変視スコアは垂直では術前0.72、術後0.67で有意差なく、水平では術前0.73、術後0.60で有意に改善した。立体視差が100秒以下のものは術前8眼(53.3%)、術後12眼(80%)で、有意に改善した。術後の立体視差は術前のそれと相関し、さらに立体視差の変化量は水平変視スコアの変化量と、術後融像幅は中心窩網膜厚(CMT)の変化量と最も相関していた。 結論:ERMでは術後早期より水平変視スコア、立体視差が改善した。変視やCMTと、立体視差や融像幅などの立体視機能の間に相関が認められた。
Description: 第49回 日本網膜硝子体学会総会
Keywords: M-CHARTS / 変視スコア / 立体視機能 / 融像幅 / 黄斑上膜(ERM)
URI: http://hdl.handle.net/10069/26364
ISSN: 18825176
Type: Journal Article
Text Version: publisher
Appears in Collections:Articles in academic journal

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/26364

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace