DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

EBMからみたCASとCEA


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJN19_576.pdf2 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: EBMからみたCASとCEA
その他のタイトル: Evidence-based Medicine in the Treatment of Carotid Artery Stenosis
著者: 永田, 泉
著者(別表記) : Nagata, Izumi
発行日: 2010年 8月20日
出版者: 日本脳神経外科コングレス / Japanese Congress of Neurological Surgeons
引用: 脳神経外科ジャーナル, 19(8), pp.576-579; 2010
抄録: Many guidelines recommend CEA for patients with symptomatic moderate or severe carotid artery stenosis, and for patients with asymptomatic severe stenosis after controlled randomized studies. However, sex and age sould also be considered in each case. In high risk patients for CEA, CAS may be selected. In recent years, stroke risk for medically treated patients has decreased. Therefore, medical treatment may be first choice for those patients with asymptomatic carotid stenosis and for CEA high risk patients. / これまで頚部頚動脈狭窄症に対する血栓内膜剥離術(CEA)の効果について多くのstudyがなされ,現時点では症候性の中等度〜高度狭窄および無症候性高度狭窄がCEAの適応とされている.しかし,個々の症例においては年齢や性別などを勘案した適応が考慮されるべきである.近年は,CEA高リスク群ではステント留置術(CAS)が行われるようになった.しかし,無症候性狭窄やCEA高危険群においては内科的治療が優先されるべきとの意見も多くなっている.
キーワード: Carotid artery / Endarterectomy / Stenosis / Stenting
URI: http://hdl.handle.net/10069/26455
ISSN: 0917950X
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/26455

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace