DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第13巻 第2号 >

環境保護行動と子どもの頃における自然体験 -家族関係の観点から-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo13_2_47.pdf339.55 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 環境保護行動と子どもの頃における自然体験 -家族関係の観点から-
その他のタイトル: Significance of Nature Experiential Activities in Childhood to Environmental Conservation Behavior From the Perspective of Family Relationship
著者: 保坂, 稔 / 佐々木, 裕
著者(別表記) : Hosaka, Minoru / Sasaki, Hiroshi
発行日: 2011年 6月
出版者: 長崎大学 環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 13(2), pp.47-54; 2011
抄録: Many researchers insist that environmental education in childhood is important for environmental protection. This paper analyzes the relationship between environmental conservation behavior and family relationship from the perspective of nature experiential activities in childhood by using the data of 269 university students in Nagasaki. It is clarified that the viewpoints of nature experiential activities in childhood and family relations are effective for environmental conservation behavior. Moreover, the more one has brothers or sisters, the more one shows environmental conservation behavior.
キーワード: Environmental Conservation Behavior / Family Relationship / Nature Experiential Activities
URI: http://hdl.handle.net/10069/26759
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/26759

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace