DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第13巻 第2号 >

環境教育プログラム実施前後における生徒の意識・行動の変化の比較 -長崎県立国見高等学校における活動より-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo13_2_19.pdf836.64 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 環境教育プログラム実施前後における生徒の意識・行動の変化の比較 -長崎県立国見高等学校における活動より-
その他のタイトル: Survey on Changes in Students’ Consciousness / Behaviors through the Introduction of Environmental Management System (EMS) at Kunimi High School
著者: 松田, 香穂里 / 保坂, 稔 / 中村, 修
著者(別表記) : Matsuda, Kaori / Hosaka, Minoru / Nakamura, Osamu
発行日: 2011年 6月
出版者: 長崎大学 環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 13(2), pp.19-26; 2011
抄録: Taking two questionnaire surveys, we studied how students’ consideration / behaviors changed through Kunimi High School’s EMS approaches. The results revealed that students’ environment-conscious behavior are due to both the influence from within Kunimi High School, such as the environmental manager and the environmental committee member, and the influence from outside media. As for the approach of EMS of the Kunimi high school, it was shown to the student established of environment-conscious behaviors also outside the school.
キーワード: Environmental Management Systems / high school / environment-conscious behavior
URI: http://hdl.handle.net/10069/26762
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/26762

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace