DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 ソフトウェア >

骨組構造解析のためのフリーウェアFPHMとFPHM-D


ファイル 記述 サイズフォーマット
shugyo.html9.69 kBHTML本文ファイル
FPHM & FPHM-D v3.03-32.zip(Windows 32bitOS 対応)プログラムとマニュアル1.83 MBUnknown本文ファイル
FPHM & FPHM-D v3.03-64.zip(Windows 64bitOS 対応)プログラムとマニュアル3.84 MBUnknown本文ファイル

タイトル: 骨組構造解析のためのフリーウェアFPHMとFPHM-D
著者: 修行, 稔
著者(別表記) : Shugyo, Minoru
発行日: 2012年 1月
抄録:  FPHMは,鋼部材・RC部材・SRC部材・CFT部材・PC部材・合成はり・鋼材制振ブレース・引張りブレースの混在する骨組の三次元的な大変形弾塑性解析を行う解析プログラムです。もちろん,平面骨組解析にもそのまま使用できます。基本としている解析モデルは繊維化塑性関節モデルFPHM(Fibered Plastic Hinge Model)です。壁の影響が無視できる骨組あるいは壁が等価なはり柱部材に置換できる骨組が適用対象です。柱脚や部材接合部の回転剛性と耐力を容易に設定できるので,耐震診断などに便利です。 / FPHM-Dは,FPHMを骨組復元力の算定に用いた大変形弾塑性動的応答解析プログラムです。鋼部材・RC部材・SRC部材・CFT部材・PC部材・合成はり・鋼材制振ブレース・引張りブレースの混在する骨組の三次元的な地震応答解析を行うことができます。 / v3.03で「スラブの影響を考慮したRCはり部材」をサポートしました。
記述:  軸力が卓越しなければ1部材を1要素でモデル化できます。 / 「FPHM & FPHM-D v3.03-32」はWindows XP(32bitOS)上のg77でコンパイルした実行ファイル,「FPHM & FPHM-D v3.03-64」はWindows 10(64bitOS)上のgfortranでコンパイルした実行ファイルです。
URI: http://hdl.handle.net/10069/27250
資料タイプ: Software
原稿種類: author
出現コレクション:060 ソフトウェア

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/27250

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace