DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

頸動脈内膜剥離術の実際―Patch法―


ファイル 記述 サイズフォーマット
NGGZ112_390.pdf154.75 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 頸動脈内膜剥離術の実際―Patch法―
その他のタイトル: Surgical techniques of carotid endarterectomy
著者: 永田, 泉
著者(別表記) : Nagata, Izumi
発行日: 2011年11月
出版者: 日本外科学会 / Japan Surgical Society
引用: 日本外科学会雑誌, 112(6), pp.390-393; 2011
抄録: 頸動脈内膜剥離術(CEA:carotid endarterectomy)の実際について,合併症を防止するための手技上の要点について述べる.本邦ではpatch angioplastyを行うことは希ではあるが,その手技について解説する. / Surgical techniques to avoid complications after carotid endarterectomy (CEA), including patch angioplasty, are described. Perioperative monitoring to detect cerebral ischemia, complete removal of the atherosclerotic plaque, and secure closure of the arteriotomy are key points during the procedure. CEA under an operative microscope is recommended to achieve good surgical results.
キーワード: carotid endarterectomy / patch angioplasty / operative microscope
URI: http://hdl.handle.net/10069/27847
ISSN: 03014894
PubMed ID: 22165714
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/27847

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace